メルカリ講座

メルカリの「〇〇様専用」の意味とその意外な落とし穴とは

メルカリの専用出品とは何か

メルカリの「〇〇様専用」とは、出品者と特定の購入希望者との間でやりとりして合意した条件を盛り込んだ状態で改めて出品しなおした商品のことを指すと考えられます。ただし、そのような特定の指名した人が購入することを前提とした専用出品はメルカリで公式に認められておらず、あくまでも出品者が独自に定めた“マイルール”と見なすことになります。

目次

専用出品にする理由

わざわざ専用出品で出品することには理由がいくつか考えられます。

取り置きのため

ある商品を購入したい人がすぐに支払いができない場合です。例えば、購入希望者が自分の売上金があと少しで購入金額に到達するといった場合に、出品者へ「この商品絶対に購入するので取り置きしてくれませんか?」とお願いすることがあります。出品者は「分かった、じゃあこの商品は他の人に買われないようにあなた専用として出品(取り置き)しておくね!」ということで専用出品を行います。

まとめて購入するため

同じ出品者が出品している商品を複数まとめて購入したい場合にも、購入希望者が出品者へ専用出品をお願いすることがあります。

もちろん、商品ページごとに購入手続きをしても問題ないものの、複数商品をまとめて購入&発送するという交渉によって、出品者側は梱包や送料を節約できて結果的に値段を安くすることができるようになります。

このように、複数商品をまとめた上でお互い合意したセット価格と条件などを盛り込んで専用のページで出品することがあります。

専用出品を購入するときの注意

稀に気をつけなければならない落とし穴が見受けられます。

送料の条件が変わっている

出品者の意図的なものかあるいは単なるうっかりかは別として、送料負担の部分が最初と変わってしまっている場合があります。

元々の商品ページでは「送料込み」となっていたのに、専用ページになったらなぜか「送料込み」の表示が削除されて送料別扱いに変更されていないか良く確認が必要です。

商品の説明欄が白紙

よくあるのが、出品者が専用ページを新たに作った場合に「商品の説明」へ記載すべき文章を省略しているケースです。

恐らく元の商品ページでは、商品の状態・個数・故障や不具合の有無などが記載されていることと思われます。ところが、出品者側が交渉によって改めて新規で専用出品としての商品ページを作った場合に「まあ、元の商品ページで詳細が記載されているんだからこっちのページで改めて記載しなくても分かるよね」とつい考えて、専用ページでは超シンプルに「○○様専用です」等としか商品説明欄に記載しないことがあります。

これでは、届いた商品にもしも問題があった場合にトラブルの原因になりかねません。

他の人に横取りされた

「自分が交渉して値段変更して専用出品にしてもらったのにその商品が他の知らない誰かに勝手に買われてしまった」ということがあります。横取りされた側からすればカチンとくるかもしれませんが、そもそも専用出品を認めていないメルカリ運営としては特に問題ないという扱いになるでしょう。

もちろん、出品者側がキャンセルして改めて出品してくれればなんとかなりそうなものですが、あまり期待できません。ですから、本当に気になった商品が必要な場合はさっさと購入したほうが得策と言えるかもしれません。

専用出品することのリスク

出品者側が専用出品にすることのリスクをいくつか取り上げたいと思います。

購入されないのは機会損失

専用にするということは「〇〇さん以外、他の人は買わないでね」という意思表示になります。無事に予定通り購入されれば問題ないのですが、もしいつまで経っても購入されない場合は出品者は焦ります。

わざわざ専用にしていなかったら、もしかしたら別の人が買ってくれていたかもしれません。つまり、せっかくの利益を得るチャンスとタイミングを失ってしまったわけです。基本的にモノの価値は時間とともに下がるものなので、これは大きな損失リスクと言えます。

まとめ

色々注意点はありますが、専用出品は出品者・購入者両方にとってたいへん便利なマイルールです。

ただし、専用出品はメルカリ公式ではなく独自ルールなのでそのようなトラブルがあってもメルカリ運営が味方してくれることは期待しないほうが良いと思われます。

もちろん、ほとんどの場合は良識ある範囲でやり取りするので大きなトラブルにはならないと思いますが、中には悪意ある不誠実な出品者が存在する場合があるのでよく注意が必要です。自分が専用出品する場合も、きちんと説明を記載しておいたほうが購入者は安心して購入することができ、結果的に良い評価を得ることができるでしょう。

^